初めての卒業

ムスコが生まれて2年7カ月が過ぎました。
ここにきて・・・ムスコ、母乳から卒業しました!

2歳7カ月の月誕生日の4日前、休日だったこともありムスコは日中何度もおっぱいを飲んでおりました。
夜寝るときになって私が
「今日はいっぱいおっぱいを飲んだね。もう、いいんじゃないかなぁ?」
と言うと、最初はきょとんとしていましたが、おっぱいを飲めなくなると分かったのか、泣きました。
でも、号泣ってわけじゃなく・・・。
なんというか、甘え泣きみたいなかんじだったのです。
その様子を見ていて、本当はムスコ自身もやめたいんじゃなかろうか?と改めて思ったのです。
その後、布団に入ってから
「ママも辛い。ホントはいつまでもおっぱいを飲んでいてほしい。でもね、それだとあなたが大きくなれない。ママはもっとちゃんとあなたとお話ししたんだよ。
それに、おっぱいが無くなってもママはずっとあなたのそばにいる。居なくなったりしないんだよ。
ママはあなたが大好きなんだ。大丈夫だよ。おっぱいが無くても眠れるよ。ママがそばにいるから。」
とムスコに言ったのです。
言ってるうちに私の方が泣いてしまい、結局二人で布団の中でちょっとだけ泣いてしまいました。
でも、その後、ムスコは私の隣で眠ってしまったのです!添い乳無しで!

翌日の朝も、ご飯の前におっぱいを飲みたいと泣きましたが、「もう飲めないんだよ」と言うと、ちょっとだけ甘え泣きをしましたが、その後は普通にご飯を食べていました。
その日の夜も、更に翌日も、そのまた翌日も・・・。
今日に至るまでおっぱいを飲んでいません。
お風呂にも私と一緒に入っているのですが、おっぱいを見ても頬ずりするくらいで飲もうとはしません。

卒業、できたようです。私としては良い形での卒業。
おかげさまでおっぱい卒業後も乳房が痛くなったりとかは全くありません。
思う存分、母乳育児を満喫しました。今はその満足感でいっぱいです。

おっぱい卒業後、以前より甘えてくることが多くなりましたが、以前よりももっとムスコの気持ちを受け止めやすくなった自分に気がつきました。
もっともっとムスコと向き合いたい。これからの日々が楽しみです。
[PR]

by fujitamanegi | 2009-08-28 09:11 | 育児(育自)日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line