GWが終わって・・・

今年のGWは、大してどこにも行かずに終わりました。
ムスコと二人で、ちょっと離れたところにあるべジカフェに行き、パスタを食べてから周辺を散歩してきたくらい。
長期の休みにしか出来ないことをしよう!と当初は気合充分だったのですが・・・。
いざ休みに入ると、平日の疲労がどっと来たようで。
実家は弘前の桜祭りのため、車で行くなんてとても無理!ってくらい渋滞していたし、実家も祭り期間中はとても忙しいので、父母の負担になりたくないし・・・ということで。

で、GWが終わったのですが、連休中ずっと元気だったムスコの調子が悪化しまして。
最初は「お腹痛い。なでなでして~。」というだけだったのですが、段々元気が無くなり。
それでも仕事を休める状態じゃなかったので、やむを得ず保育園に預けたのですが。
その夜からひどくお腹を壊しまして。食欲も無いようで、ただ水ばかりほしがるのです。
最初は求めに応じて冷たいお水を与えていたのですが、どうも違う・・・と思い、怒って暴れるムスコをなだめるのに一苦労でした。
幸い嘔吐は無かったのですが、少し食べてはお腹が壊れ・・の繰り返しで。
どうしようかな~と思い、とりあえず水分補給とミネラル補給を兼ねて、味噌汁を飲ませました。
これがGOODでした。
普段はさほど味噌汁は飲まない(というか汁物は飲まない)ムスコですが、この時は4杯くらい味噌汁を飲みました。
ちなみに、昆布椎茸出汁・大根・わかめ・切り干し大根の味噌汁です。
みるみる顔色が良くなりました。
しばらくして「味噌おにぎり食べる~」と言い出したので、小さなおむすびを作ったところ「おいしい」と良いながら食べてくれました。
結果的にこのあとお腹を壊すことも無く、前以上に元気になりました。
腸の中の腐敗を、味噌が治してくれたのかな。血が汚れていたところを浄化してくれたのかも。
何にせよほっとしました。

うちのムスコ、病気にかかるときは本当にがっつりかかります。
でも、その分たくましくなってきている気がします。
師匠に以前言われたことですが「病気を恐れるのではなく、ありがたいことと受け入れること」です。
病気にかかるということは、それを乗り越えられる力が備わっているということだと思う。
ムスコの持っている力を信じよう。そう思いました。

あ、でも、病院に行かないというわけではありません、念のため。
行くか行かないかの判断は、子どもの眼を良く見ること。
それから手足の温度、意識が明瞭かどうか、などその場で見て判断しています。^^
[PR]

by fujitamanegi | 2010-05-10 09:31 | 育児(育自)日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line