私へのメッセージ

「出来ない自分でアリナサイ」

「達成しなくていい」

常に劣等感だらけで。
「こんな私はダメ人間だ」「何をやっても完成しない、達成しない」「周りを悪い渦に巻き込んでいる」「こんな私は消えてしまえば良い、死んでしまえば良い」
人に感謝していない。人に優しくなれない。
生きている、価値が無い。

ずっとこんな風に考えていました。

「○○したい、こうなりたい、ああなりたい」という希望や思いは、すごく陽性なもの。
思いにとどまらず「病」という形になって現れてくる。(ヒステリーとか、血圧の上昇とか、嵩じて血管障害とかね)
行き過ぎると「○○される、○○できない」になる。すごく陰性なもの。
これも「病」になって現れてくることもある。(うつ病とか自殺とか色々)
そして、何かにすがりつく。何とかしてほしくて。
でもすがりつくことは、苦しみも連れてくる。

私は、すがりついてばかりでした。
マクロビオティックを始めたころは、ものすごく視野が狭いままマクロビオティックにとりついたような感じになり、マクロビオティックにすがりついていました。
今も様々なものにすがりついています。
事実、すがりつくことにより寂しさや悲しさや苦しさが生れている。そしてそれは、私を蝕んでいる。


そうじゃないんだ。
あなたは感謝することが出来ているよ?「ありがとう」と言えるでしょ?言ってるでしょ?
あなたの発する言葉は、~~しなければいけない、~~なんです、~~したい・・・陽性なものばかり。
周りの人の中に同じような人がいれば、ぶつかるのは当たり前だよ。それは車をタイヤ無しでホイールだけで走らせるようなもの。柔軟なものが無ければ大きな摩擦を生むんだ。
出来なければならない、んじゃない。もう出来ているのに、自分で受け入れられないだけだ。
出来ない自分でアリナサイ。達成できない自分でアリナサイ。
まずは、そこから。
癖はなかなか治らないけどね、心の癖を治すように自分で思い出す自分へのメッセージだよ。
・・・・・これらは師匠が下さった言葉です。
感謝していない自分を嫌な奴だと思い、自分のことが嫌いでたまりませんでした。
でもよ~くよ~く思い出せば、折々の場面で心からありがとうと思い、心から「有難うございます」と言っていた自分を思い出せました。
そして思い出せたら、少し自分を認められるかもしれないと思いました。

出来ない自分でアリナサイ
それで良いのかもしれません。そう思えるようになりました。
そしたら、少しだけ、呼吸が楽になりました。胸のなかにあった大きな石が小さくなったような。
人にすがる思いを、少し無くせるようになりました。
むしろこれまで相手をしてくれてありがとう、と思えます。本当にありがとう。先に進んでいくよ、と。
親や友人からの指摘も、ああそうなんだなぁと聞けるようになりました。
他人からの指摘は、概ね本当のことなんだと、受け入れられるようになってきたというか。

出来ない自分でアリナサイ
出来る自分になろうと思わなくて良い。
[PR]

by fujitamanegi | 2011-10-31 11:29 | こころのことば
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line