人生が、あと少ししかないと分かったら、どうするか

皮膚の湿疹から始まった病気の根っこが分かりかけてきました。

ちなみに、湿疹の出ているところは左側の首から鎖骨にかけて、下腹部、左鼠蹊部、右腕の付け根、右脇腹。
なんとな~くリンパに沿って出ているんですよねぇ。

先日、師匠の望診を受け、その後ホメオパシーの相談会でホメオパスにみていただいた結果、両方の意見が怖いくらい合致していました。
原因は、脾臓と大腸。
脾臓は喜びの臓器。ここが悪くなると、イライラとか怒りっぽくなったりとか。
丸当たり、です。
悪くなった原因は、子どもの頃からのストレスその他諸々。(多すぎて書けません)
アレルギーと同様、もう受け皿が一杯になって溢れてしまったゆえの発症とのこと。
症状と仲よくなるには、時間がかかるみたい。そりゃそうだろうなぁ。
でも、皮膚に出てきてくれた症状に、心から感謝。
だって大きな病気になる前に、目につくように出てくれたんだもん。これぐらいありがたいことって、無い。

自分を見直す時期が来たっていうことなんだろうなぁ。
ついにきたか、という感じです。

そんなに日々マクロビオティックを意識してはいないつもりだけど、やはり陰陽の考え方とかは心のよりどころになっているようです。その方が納得できるし、分かりやすくなるから。
つい先日も、陽と陽のぶつかり合いってこういうことか~という体験をしました。
ちょっとびっくりしたけど、相容れないものは仕方無い。

陰陽にがんじがらめになっているのではないよ。どうもマクロビオティックっていうとガチガチの想像をされちゃうことが多いけど、違う。
私は、マクロビオティックって本当は何でもアリだという考え方だと思う。
その上でどうするか。その上で何を選ぶか。より楽しく生きるにはどうすれば良いか。
基本、自分だと思うのです。
これを作るにはこれを使わなきゃ、あれを買わなきゃ、・・・~しなきゃ、って苦しい。すごい違和感を感じます。
どうするか、何を選ぶか、自分が良ければ良いんじゃないかなぁ、と思ってしまう。
そう、私は不真面目なんですよ~。

それはともかく。

幸い、私は皮膚に症状が出始めたことで内で起こっている変化に気づけたけど。
でもいつ人生が終わってしまうか、分かんないなぁと思った次第です。

後悔しない日々を送りたい。
そう思っています。
[PR]

by fujitamanegi | 2012-05-29 09:44 | こころのことば
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line