おむすび。

試験監督、やりました。
そこでは事務局のスタッフに、仕出し弁当が支給されることになっていたのですが・・・。
私はせめてご飯だけでも玄米が食べたかったので、玄米おむすびをこしらえて行きました。

予想通り、肉肉魚魚白米なお弁当でした。
それでも食べ物に感謝して食べなきゃいけないんでしょうけど、
どうしても食べることが出来ず。
そうしたらワカモノが、私の分も食べてくれました。
すごーーーく感謝!!!
食べ物を無駄にせずに済んだ。良かったよ~~!

おむすびは、難しいです。
そーっと、そーっと、でもしっかりと「結ぶ」ために、
本当に心を込めます。「美味しくなりますように。」
母の作ってくれたおむすびのように、美味しくなりますように。

母のおむすびを超える日は・・・たぶん永遠に来ないだろうなぁ・・・。
[PR]

by fujitamanegi | 2005-07-26 00:25 | 食事日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line