マクロビオティック講演会in盛岡

行ってきました。
同じく青森から参加した、ちゅらさんともお会いすることが出来たし、講演会の内容も至極勉強になるものでしたよ~。



「クシマクロビオティック」についての映像が流れる。(約5分)
アニュー会員様特別席のようなものが設けられていました。
映像のあとに、○ニュー東北支部の部長?とかいう方のお話がありました。
内容は、まえから聞いていたようなクシ酵素の宣伝が主でした。(約10分)
クシ酵素を作っているブラジル農場の宣伝映像が流れました。
ブラジル・・・熱帯・・・そこで採れた野菜や穀物・・・すっごい陰性なんではないの・・・?
という疑問を持ちましたね。いかにも「やらせ」的な映像で、なんだかな~と思いました。(約10分)
クシ酵素で健康を取り戻したという方の体験発表もありました。
気になったのが「久司先生のことは知っていたけど、クシ酵素のことは知らなかった」「クシ酵素と出会えて、私の人生は全く変わってしまった」「クシ酵素があれば、全く不安は無い」
等々のお話でした。
う~ん・・・。それって、マクロビオティックをやった、のではなく、単にクシ酵素というサプリメントを飲んだというだけなのでは・・・?(約5分)

そしていよいよ久司先生の講演会。

これまでマクロビオティックについては、本に書いてあることやインターネットからしか学べなかった私にとっては、初めての体験だったのです。
感想は・・・参加して良かったなぁ~ということ。
陰陽のこと、もっともっと遠いものに感じていましたが、自分の中にも明らかに存在しているのだ、ということをようやくちょっとだけ分かったような気がします。(もちろん、これが全てではありません。まず入り口から顔を入れたようなものです。)
穀類や野菜、漬け物、豆・豆製品、海藻、調味料、植物油の摂り方についても、本で読むだけとは違いました。
避けるべきものとされている食べ物についても、なぜ避けるべきなのかということを丁寧にお話して下さいました。
アメリカの肥満の増加、その中でも以上肥満の増加についてのお話のときは「間違った欧米のものについては真似をしてはいけない。良いものは真似しても良いが、食べ物・生活法については欧米は未発達・原始的である。日本は祖先の残してくれた食・生活を大切にすべきだ」とおっしゃっていました。
その後は、マクロビアンとそうでない人とのコレステロール等の数値の比較、乳ガンと動物性脂肪の消費量のグラフの比較、ガンと陰の食べ物、陽の食べ物、原因となるホルモンとの関係性、マクロとエイズについて、マクロと犯罪について(特に白砂糖との関係性)、米国での離婚率と結婚率の推移、家庭料理の大切さ(同じ食べ物を食べることで同じような血液、考え方になる。これが無くなってきているのが離婚・家庭崩壊の原因。)、国際紛争の増加、エネルギーの消費による地球温暖化についてのお話がありました。
お話の最後に久司先生は、
「今世紀は大問題が沢山ある。エイズ、戦争、洪水・・・これらにより3分の1から3分の2の人類が死ぬ、という方向に向かっています。我々に出来ることは、血を正し、考えを正すことによって健康を取り戻し人類の崩壊を未然に防ぐことです。穏やかな心になって、皆で手をつなぐことです。この土台になるのが食なのです。」
と語っていらっしゃいました。
久司先生のお話は1時間40分にも及びましたが、とてもハキハキしていて、むしろ私の方が不健康かもと思ったくらいです。

最後に「椰子の実」を皆で歌い、久司先生への花束の贈呈があって、講演会は終了しました。

心配していたような「クシ酵素を買ってください」というようなことを、久司先生は全くお話になりませんでした。

感想。

もっと勉強したい~~~~~!!!
もっと知りたい!広めたい!

と、いうような感想も混ぜた講演会の話を黙って聞いてくれた、旦那さんにも感謝です。

参加者の中には、マクロのことを知らないまま(単に健康食品の会のように思ってたような)参加した方もいたようですが、この方々も講演会を機にサプリ的な健康法ではなく、昔からの日本食の凄さに目覚めてくれたら良いなぁ・・・と思います。

長くなった~。拙い文章で、ごめんなさい!
[PR]

by fujitamanegi | 2006-03-20 00:36 |
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line