あっついです~~!!摂食障害についても、少し。

ついこの間まで、胡瓜を食べただけで体が冷えてしまい、長袖のトレーナーとか着てたときもあったのに。
あまりの暑さ&湿度の高さに、夕べは帰宅直後、胡瓜の三五八漬けをポリポリと食べてしまいました。
その後、ちゃんと玄米ご飯を炊き、小豆南瓜も作り、実家産の茄子と板麩を味噌炒めにしました。
おいしかった~。

夏の暑さによる食欲不振とは、本当に縁遠い私。
マクロビオティックを始めるまではカロリー計算マニアでした。
何を食べるにも「カロリー」。
今思えば、このカロリー計算に取りつかれていたことも、摂食障害を悪化させた原因だったと思います。
マクロビオティックをはじめて、はじめてカロリー計算から解放され、自由に食べるということが出来るようになったんです。
体重も、何かを食べるたびに一喜一憂していたのが、今は好きなように食べられるようになりました。
(今一番好きな食べ物は、玄米ですね~)
本当に、マクロビオティックによって私の心と体は救われたのです。


摂食障害。
本当に怖い病です。
私は、最終的には精神錯乱状態にまで陥ったこともありました。
「もうこのままじゃ、生きていけない。もうダメだ。」
そんな風に思い、自殺未遂。
その場を姉に見つかりまして。
ようやく、摂食障害のこと、良い子でいつづけるために頑張っているのに親の思うようなしっかりした・良くできる子どもにはなれなかったこと・・・そんなことを色々と、親に訴えることが出来たんです。
親は、結果的には変わりませんでした。
でも、私を理解しようと努力してくれています。

今は、両親と「親と子」としてではなく「人間対人間」としてつき合えるようになりました。
結婚したせいでもあるんだろう、と思います。
マクロビオティックによって、精神的にもあるべき姿に近づいたせいなのかも・・・とも思います。
相変わらず悩みは沢山ありますが、生きていることに感謝しているので、もう二度と死にたいとか考えることはないです。

人間って誰でも生きていれば色々な問題にぶつかります。
私にとっての摂食障害も同じようなものだったと思う。
それでも、・・・摂食障害はキツすぎるし、抜け出せない人が沢山いるから。
そういう人たちにとって、少しでもお手伝いが出来るようになりたいなぁ、と思います。

ということで、時々職場の皆様にも玄米おむすびを振る舞うのでした~♪
「おいしいよ~!」って言われることが、一番の励みですね!!

支離滅裂な内容となってしまいました。ご容赦下さいませ。
[PR]

by fujitamanegi | 2005-08-03 09:33 | 食事日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line