妊婦日記16

夏休みを満喫しました。

といっても、特別どこかに行ったというのではなく、実家で二泊三日した以外は、ずっとのんびりと日々を暮らしていただけですが。

そう。実家。すごく良かったです。
家族で食卓を囲んで、母の料理を食べて。
お墓参りに行って、その後地物野菜などを扱っているお店に行ったり。
あまりに暑くて、午後は皆で昼寝三昧したり。
普通の日々でした。でもすごく幸せだった。

家族で同じものを食べるということの楽しさ・幸せを噛みしめました。

実は最近、お魚も良く食べています。
なんか、食べたくて。そして、食べても変な頭痛もないので、もしかして今の私には必要なのかなぁと思うので。
それから、妊娠するまであれほど大好きだった小豆南瓜が、それほど美味しいとは感じないのです。
白い砂糖や、乳製品、肉類は相変わらず食べないのですが。
あ、でも先日卵は食べました。
だけど、面白いのが一日目はおいしいと思えたのに、翌日また料理して食べたところ、苦しくなったということです。
「あ、1個で良かったのね、私」と思いました。
それ以来は、それほど食べたいと思えないので食べていませんね。


マクロ料理をかたくなに貫き通すのが、果たして私のしたいことなんだろうか?という疑問を持っています。
マクロ料理を否定するのではなく・・・・なんと言うのか・・・うまく言えませんが。
もっと大事なことを、私は忘れているのかもしれないと思いました。
母の料理、偉大です。本当に偉大です。
あんなに美味しいのは・・・「美味しく皆で食べれば、それでいいじゃん♪」という母の思いが沢山沢山込められているからだと思うのです。

私は、そうではないです。
旦那さんは食べてくれないので、自分のためだけに作っています。
でも、それって・・・どーよ?
間違ってるんじゃないか?私。

そんなこんなで、「なんちゃってなんちゃってマクロ」してます、私。マクロビオティックやってるとは、今は言えないかもなぁ。
[PR]

by fujitamanegi | 2006-08-21 00:08 | 妊婦日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line