伊豆&東京への旅 その2

8月16日
私はコーフンしてたのか、朝5:30位に起床。旦那さんはぐっすり寝てましたが・・・。
2人分それぞれの朝ごはんを準備して、一緒に私の分の玄米おむすびを2個作りました。
8:10、いざバス停へ。そこから空港までバスで行くのです。
空港に着いてから無事に搭乗したのですが、なかなか離陸しない・・・。
結局定刻より30分くらい遅れて出発しました。
羽田に無事到着。京急線で品川まで行こうと乗り込んだのですが・・・。
そこで地震。
結構な揺れでした。ふわふわと電車が揺れるし。
電車はそれでも10分くらいの遅れで羽田を出発しました。

品川からは順調に伊豆へ向かいました。
駅で旦那さんとお互いのミョーな写真を撮りあったりして、すっかり観光客。(そのまんまなんですが)
タクシーで一路こだま荘へ。

こだま荘では、温泉とお料理を満喫しました!
若女将さんから花火とマクロビオティックの本をプレゼントされました。
花火は、旅の疲れ(強行軍だったので・・・)のためにやめておきましたが、借りたマクロの本をじーーーっくり読んできました。旦那さんも私も読書三昧です。
もともと2人とも読書狂なので、こんな幸せな時間は久し振りでした!
もちろん、お料理も美味しかった!職人技ってこういうのなんだなぁと、ひたすら感動。
自分では出来る範囲で参考にして、日々の料理に生かそうと思いました。

8月17日
朝風呂のあと、美味しい朝ごはんをたっぷり頂いて(普段の私の朝ごはんは三年番茶のみ)、いざ今度は東京へ。
新幹線で東京駅に到着後、地下鉄で日比谷へ。
まっすぐチャヤ・マクロビオティック日比谷に行きました。
ここで私はランチプレートとデザート、旦那さんはパスタプレートを頂きました。
・・・美味しかったよ~~~!!!
自分ではセイタンを使った料理は作ったこともないし、食べるのも初めてでしたが、美味しく頂きました。
帰り際、macrobi papaさんにご挨拶しました。
お忙しいところに突然お邪魔してしまった上、緊張の余り持っていた財布をポーンとお手玉にして落としてしまい、更に小銭を撒いてしまって・・・ああ、思い出してもハズカシイ。
旦那さん曰く「あなたのばあい、いつものことでしょ~♪」だそーですが。(なんかクヤシイ)
ともあれ、非常に満足してチャヤを後にしました。

そのあと、旦那さんは神保町へ、私は神田駿河台へと別行動。
私はGAIAに行ってきました。
しかーし!ここでまたトラブルが。
本来なら地下鉄出口から3分で着くはずのお店に、なんと到着まで40分余りかかってしまったのです。いや・・・炎天下、もうダメ~って思いましたよ・・・。
でもここでまた、青森では見かけなかった久司先生の著書と、大森一彗先生の著書を購入。
他にも食材を購入してウホウホしました。

旦那さんと待ち合わせしていた巣鴨へ移動。
しかし、駅にいるはずの旦那さんが見つからない・・・。携帯で確認しあったところ、待ち合わせ場所を地上と地下とで勘違いしていたことが判明。
こーいう場合、皆さんはどのような反応するのかなぁ?
私の場合、ひたすら謝ってしまうのです。何度も。・・・過剰反応なのでしょうか・・・?

巣鴨に行ったのは、甘露七福神さんに行きたかったから。
こちらでは、旦那さんが豆乳アイスクリーム、私が七福神セットを頂きました。
美味しかった~~~!!!(こればっかりや・・・でもホントに美味しかったんですよ・・・。)
非常に満足!!!

チャヤさんで食べたお料理と甘露七福神さんでの甘味の写真が無いのは・・・ひとえに、気づいたときには半分以上私が食べてしまったからです~~!!!ごめんなさ~~~い!!!

+++++++++++++++++++++++++++

と、いうことで、このあと飛行機に乗り、青森に着いたのが19:00過ぎ。
アパートに着いたのは20:00近くになってました。

色々あったけど、とても楽しい・充実した旅でした。
東京はこれまで、出張で行っても目的地以外には行かなかったのですが、
マクロ始めてから、視野が広がったというか・・・色んなものに興味があって、色んな所に行ってみたくなりました。

「書くものは、向こうからやってくる」とは、とあるジャーナリストの言葉です。
そのとおり、まずは行動してみよう。
悩んでないで、やってみよう。
真剣に取り組めば、結果は自ずからやてくる。
そんな風に思いました。
旅、良いですね。大好きです。ひとつ自分が大きくなれた気がします。(体重じゃなく)
[PR]

by fujitamanegi | 2005-08-18 12:37 |
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line