薬について

ここ最近、友人の病のことで私もアワアワしてました。
こんなんじゃいかん!と思い直しまして、自分の心をリセットします。

でもやはり思うのは、私自身の病気経歴のことで。

私は今年の春まで、本当に病弱だったんです。
自称「病気の総合商社」としてたくらい。

きっかけは摂食障害の治療に始まるのです。
薬って・・・本当に体に良くない!って今は思います。でも、当時は仕方なかった。
治療のために、抗うつ剤と抗不安剤を常時飲んでいました。
摂食障害がひどくなったために鬱病にもなっていたので、主にその治療のためです。

鬱病への偏見は、まだ一般的には根強くあるように思われますが、これは誰でも罹りうる病気です。
私の場合は、惰性で食べ続け吐き続け、それ以外は全てつまらなくなっていました。
生きてる感覚が無かった。
何もしたくない、眠れない、でも何も出来ない、何も感じないし、全部どうでも良くなってた。
思うのは死にたい・消えたいってことだけでした。
こういう衝動を抑えるための薬でした。

鬱病はなんとか治まっても、今度はパニック障害が起こったり、過呼吸で死にそうになったり。
(実際、ホントに死ぬんじゃないか?って思ったりしました。)
それで、薬の服用は続けていました。
精神的にも弱く、そのせいでストレス性胃炎や胃痙攣や胃潰瘍を起こしやすく、
またもともともアレルギー体質だったのが、このころ爆発して。
それで胃潰瘍とアレルギー治療の薬を飲み続けていました。
当然のように自己免疫力はどんどん低下していきまして、風邪も引きやすく、すぐ倒れたりしました。

そんな中、今の旦那さんと知り合い、すぐに結婚を意識するようになり、付き合い始めて1年たたないうちに結婚しました。
結婚すると・・・子供のことをどうしても考えてしまいます。
それで、薬から解放されたくなりました。
マクロビオティックを知ったのは、この頃です。

昨晩、旦那さんと色々話してるときに、ふと彼が「ところで、なんでマクロを始めようと思ったの?いつ知ったんだっけ?」と。

・・・今や生活の一部=マクロビオティック。
そう聞かれて困りました。いつだっけ?なにがきっかけだったっけ?
「???」となっている私に、旦那さんは
「でも、薬は要らなくなったね。良い感じになったよ。」と。

そう、知らないうちに薬不要・医者ほとんど不要な体になっていたんです。

薬の影響(極陰性)が完全に抜けるまでには、まだまだ時間がかかると思います。
でも、ぼちぼちのんびりでいいから、マクロを続けて本来の体に戻して行くのだ!
[PR]

by fujitamanegi | 2005-08-28 00:47 | 日々のこと
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line