事件のその後(ムスコのやけど:2)

土曜日、病院に行ってきました。

ムスコの腕には代用皮膚(シールみたいなものでした)を貼り付け、その上から消毒薬をたっぷり塗られました。
医師によると、今後は代用皮膚の上から消毒を続けていく、痕は小さいうち残るかもしれない、大きくなるころには無くなるだろう、新しい皮膚が出来れば代用皮膚ははがれる、とのことでした。

悩みましたが・・・夫と相談して、このまま病院に通って治療していくことにしました。

もっとはやくから、きちんとマクロビオティックを勉強していればよかった。
そうすれば、お手当て法をするにしても自信を持って出来たのに。
お手当て法をしてあげたいけど、それよりも目の前で泣くムスコを見ていると可哀相で・・・出来ません。

後悔することしきりです。
ごめん、という言葉だけではどうしようもないけど・・・でも申し訳ない。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-24 07:38 | 育児(育自)日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line