料理教室リマ初級(6回目)

この日の参加者は予定では7名だったのですが、実際には6名(+うちのムスコ)でした。
e0028240_7345063.jpg

e0028240_7358100.jpg

今日のメニューは
●小豆・糯粟入り玄米ご飯
●ごぼうと人参のごま味噌かけ
●ショソン
●野菜のクレープ巻き、小豆餡のよもぎクレープ巻き
●先生からのおまけ(切り干し大根団子?、春雨とリンゴのサラダ)
でした。

ムスコは、最初春雨をもしゃもしゃ食べていましたが、
小豆・糯粟入り玄米ご飯の美味しさに気づき、私の分の半分くらいを食べてしまいました。
15日にも小豆入り玄米ご飯を炊いて食べさせたのですが、
このときももしゃもしゃ食べてました。子ども茶碗いっぱいに盛りつけたのに、完食!
小豆、好きなんですねぇ・・・。甘くて美味しいもんね。

ごぼうと人参のごま味噌かけは、ただ蒸しただけの根菜が甘い!ごま味噌は少ししょっぱかったけど美味しかったです。

ショソンは、教室では最後に出来上がり、おなかいっぱいで食べることが出来ずに持ち帰りましたが、家で食後に頂いたら・・・美味しかったです!皮がサクサク~♪久しぶりにパイっぽいものを食べました!

クレープ巻き2種は、簡単なのに美味しいです。野菜の方は、少し皮が脂っこい感じがしましたが、中の玉葱の味噌煮が美味しい!小豆餡の方はショソンを作って余った餡で作っていただいたもの。こちらの方が皮が美味しかったです。もちもち~でした。

私以外冷え性持ちの方が多かったので、冷え性についてのお話がありました。
・冷え性には陰性陽性両方あって、それぞれに適した食事がある。
・締まった感じ(陽)の冷え性は、血管がキュッと締まって血流が悪くなり、血液がどろどろしているのだから、大根や生姜を食べて血液のどろどろを溶かすことが必要。
・緩んだ感じ(陰)の冷え性は、血管がダラッと緩んで弱っていて、血液をうまく流すことが出来ないのだから、玄米や根菜類(ごぼう、人参、蓮根など)を食べて血管を強くすることが必要。
私自身は、昔、ひどい冷え性人間だったのでつらさがすごく分かります。
眠れないし、常に寒いし・・・。私はマクロビオティックを始めた翌年には寒さをあまり感じられなくなり、今では体温が基本36.7~8℃、高温期だと37.2~3℃くらいになります。
おまけにでっかいホッカイロもどき(=ムスコ)を常に抱っこしたり添い寝したりおんぶしたりしてるので・・・そりゃぁ、暑いって・・・。

毎回、いろんな気づきがあります。
料理一つ取っても、たとえばショソンの皮の作り方でも、なぜ油が入るのか、なぜ油と水の割合がこうなるのか、粉の種類・性質も取れる土地による違いはどこから来るのか・・・などなど。
学んだことを自分の中で消化していこう。日々の生活の中で。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-04-20 08:04 | 料理教室
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line