こどものこと・同窓会

ムスコ、超元気です。
紐付けて歩かなきゃいけないかも・・・ってくらい。
何とかしなきゃな~って、ご飯をやめて、もっと軽いものにしてみたり、
マクロでは~~~とか色々考えて実践して、それでもなんともならなくて、どうもできない自分に腹が立ったり。
はた、と思いました。マクロに拘り過ぎなんじゃないか???
幸せに、楽しく生きるためのツールの一つなのに。
それに拘り過ぎて現実が見えてないんじゃないか???
ムスコが元気すぎるくらい元気なら、それで良い。
それをダメっていうなら、そういうムスコを庇って抱きしめていよう。
マクロビオティックをやると、子どもは穏やかでいい子で育てやすくなる・・・。
そうらしいね。
でも、うちの子は違うらしい。
それで良い。うちの子はうちの子だ。
穏やかで育てやすい子が一番良い?それは違うと思う。
他からみて元気すぎる子でも、それが私の一番大事な愛する子。
私が、夫が、ムスコを愛している。それで良い。

***********
昨日、6年前所属していた組織の同窓会があって、夫がムスコを見てくれるというので参加してきました。
・・・・・・楽しかった!!!!!!
同じ苦難を乗り越えた同士って、こんなにあったかいものなのかな・・・。
当時の上司も、皆偉くなってしまっていましたが、皆気さくで温かくて。
当時の部長(女性)は、今やとても大きな組織の中枢にいる方なのですが、
以前と全く変わりなく色々お話しすることができました。
保育園と幼稚園の違いとか、子どもの食のこととか、卒乳のこととか。
「焦らなくて良いんだよ。良いじゃない、おっぱい続けたままで保育園に入れても。お母さんは昼間搾乳すれば良いんだし。子どもはくっつきたいんだよ、お母さんに。それは受け入れようね。」
職場復帰のことでおっぱい卒業を早くさせなきゃ~って焦っていた自分に気づきました。
「うちの子なんてね、普通学級に入れられないって言われるくらい落ち着きない子だったのよ。参観日の時も、一人だけ席につかないで机の下にもぐり込んでたりね。それでもちゃんと大学に行ってるよ。大丈夫大丈夫!」
・・・涙が出そうになりました。背中をポンっと押された感じ。

普通の小料理屋で行った同窓会だったので、当然マクロビオティック対応の食事ではなかったのですが、とっても楽しかったです。嬉しかったです。
来年も、皆に会えると良いなぁ。よほどのことが無い限り、また行こう!
[PR]

by fujitamanegi | 2009-02-08 08:11 | 育児(育自)日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line