「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:育児(育自)日記( 93 )


ムスコから

昨日、海遊びに行ったムスコから、お土産だよ~という貝殻をもらいました。


一昨年の海遊びのお土産は、彼のリュックサック一杯の「浜で拾った海草の山」

昨年の海遊びのお土産は、割れた貝殻の破片

そして今年は、立派な・かわいらしい貝殻7個

↑ちゃんと進歩してるじゃん


私と、じーちゃんばーちゃんと、いとこに一個ずつ。残りは自分の宝物だそうです。
疲れているはずなのに、19時にうちに着いてから、いとこのお下がりの三輪車にまたがり、駐車場(庭)を乗り回す。
30分くらい乗り回して、ご飯。
しばらく遊んだり、お皿を拭いてお手伝いしたり、絵本読んだりしてから、お風呂。

ムスコの一言。
「ママはいいなぁ、元気でさ~。○○は何か疲れちゃって~」

オイ。
それは私のセリフじゃ。
おかーちゃんは早く寝たいんだよう。
彼のエネルギーの源は・・・・・・やっぱり毎日たらふく食べているご飯(主食)だろうなぁ。
朝はおむすび3個。他におかず。
昼は保育園のご飯、お茶碗にたっぷり(保育園の先生からの情報)
おやつも保育園でしっかり。これは蒸し野菜なんかもあるけど。
帰る車の中で、帰り用に作ってきているおむすび(大人サイズ)1個。
夜もお茶碗たっぷりのご飯。か、麺類。

食い過ぎだって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]

by fujitamanegi | 2012-07-25 14:06 | 育児(育自)日記

お泊まり保育 3回目

昨日から、ムスコ達保育園の年長組は山の中にある保育園保有の宿泊施設でお泊まり保育です。
ここに泊まるときは、子どもたちの親が朝御飯と夕御飯を作ることになっています。
二泊三日のうち夕御飯については両日とも私も作りに行っています。

今年になって、何となく流れで私が毎回メニューを考えているのですが。
散々悩んだ末、こういうメニューになりました。(覚書~)
1日目 夕食 ベジカレー(レンズ豆入り)、豆腐とわかめのスープ、大根・人参・小松菜のナムル
2日目 朝食 分づきご飯、大根と揚げの味噌汁、野菜の豆乳クリーム煮、ラディッシュときゅうりの浅漬け、          スパイラルパスタときゅうり&コーン&人参の胡麻クリーム和え
     夕食 棒パン(彼らが作るの♪)、厚揚げ入りあんかけうどん、黒豆と絹さやの白和え、
         キャベツの胡麻味噌和え、きゅうりとベジソーセージの生春巻き
3日目 朝食 分づきご飯、じゃがいもとたまねぎと人参の味噌汁、キャベツと板麸の生姜炒め、春雨サラダ

昨日、初日の夕飯を作りに行ってきたのですが、・・・ご飯が足りない!!!
彼らの食いっぷりの良さに驚きました。
肉なしカレーを美味しい~~~!と言って食べてくれる彼らが、可愛くて可愛くて!
何でも作ってあげる~~!と思いましたよぅ。

私の帰り時間が近づくにつれ、ムスコが凹みはじめましたが・・・。
で、帰りの車から振り返ってみたら、案の定泣いてましたが・・・。
それでも「がんばってお泊まりできるね?」と聞いたら、ムスコは無言で頷いていました。
帰って来たら、褒めまくってあげよう。
うーんと、ぎゅ~~~~してあげよう。

ムスコが頑張ってる。
おかーさんも、頑張るよ~~~。これまで以上に、頑張るよ~~~。
やりたいこと、沢山!順序立てて、進めていこう!
[PR]

by fujitamanegi | 2012-07-12 15:24 | 育児(育自)日記

ムスコ、八甲田を登ってきました

一昨日、八甲田登山に行ったムスコ達。20人全員が無事下山して帰って来ました。
片道ロープウェイでの移動時間を除くと2時間半。
大人にとっては比較的なだらかな登山道とはいえ、相当がんばった!
今朝、写真が出来てきて保育園の壁に貼られていました。
私の育児方針にあまり賛同していない私の両親でさえも「よくやった!なかなかこういう体験は出来ないよ。小学生でも難しい。大したもんだ!」とベタ褒めしてました。

当のムスコは、帰り道の下りの傾斜で足がついていかなくて泣いていた友だちと手をつないで一緒に歩いてあげた、とのこと。
曰く「だって○○はボクの友だちだもん。当たり前じゃん!」とのこと。
イカス男になったね~。

持たせた笹餅も皆で食べて、大満足の一日だったそうです。
作った甲斐がありました。次もなんか作ろう。

来月はまた山の中の保育園の宿泊施設で2泊3日の合宿。
メニュー作らないと。
今回は子どもたちからのリクエストでカレーライスを初日の夕飯に入れます。
後はどうしようかなぁ。
[PR]

by fujitamanegi | 2012-06-28 08:58 | 育児(育自)日記

ムスコ、今度は八甲田登山へ!

良いお天気の青森です。
今朝、ムスコは保育園の仲間と共に八甲田山へ登山にいきました。
保育園からの指示どおり、お弁当と着替え一式とお茶とカッパをリュックに詰めて。
例によって能天気に「いってきま~~~す!」と手を振ってバスで八甲田へ。

で、この登山のために昨夜私は笹餅をこしらえたんだな。
昨日家に帰る途中で山に寄って、笹の葉を採ってきたのです。
昨夜こしあんを作って、餅粉を入れてこねて丸めて笹の葉に包んで蒸す。
蒸すこと15分で出来上がり~♪
すんごく美味しいです。どうやっても美味しくできるんだよね~。

で、今朝は彼のリクエストどおりのお弁当を作り。

あー疲れた。

でも楽しい♪

多少体調が悪くても、楽しいこと・楽しませることのためには何でも出来るんだよ~ん。

そうそう。昨夜笹餅を作ってた時のこと。
元々料理好きな母ですが、私が料理してる時は基本的に口出ししません。
ところが昨日は、私が作る笹餅が酷く気になったようで。
出来上がりが夜10時くらいだったけど、試食してくれました。美味しかったようで。
「餅粉、どのくらいの割合で入れた?」と聞いてきたので、
「その時々。触って気持ちいい感触になるくらいかな」と答えると、
「やっぱりそうだよねぇ!料理は感覚を磨いてなんぼだよ」と。
この母にしてこの子あり、というのを実感しました。
そういえばパウンドケーキの作り方も、餅菓子の作り方も、最初に教えてくれたのは母だったな。
それにプラスして、師匠から伝授してもらった(こちらも基本的にきっちり量は計らない)術で毎日料理してる。
今は逆に母に教えることもあったりする。
親子ってこういうもんなんだなぁ。面白いわ。

というわけで、笹餅は先生に預けておやつに持って行ってもらいました。
土産話が、楽しみです。
[PR]

by fujitamanegi | 2012-06-26 09:29 | 育児(育自)日記

ムスコ、行っちゃいました

今朝、ムスコ達は花巻に向けて出発しました。

準備やら何やらで、今朝は3時に起きて準備して。
ムスコ用のお弁当の他に、子どもら+引率の保育園の先生たちの分のパワーが出るお団子(もちきび+さつまいも+きな粉)を作りまくって、詰めまくって。
弘前から青森まで途中高速を使って何とか7時に到着。
7時10分に、彼らはバスに乗って出発しました。

びっくりしたんですが。
見送る私の方が泣いちゃいました(ちょっとね)。
ムスコ自身は能天気に「ばいば~い♪」と意気揚々としていましたが。

こうやって子どもは育っていくんだなぁ。
巣立っていくんだなぁ。
分かってはいるけど、分かってたつもりだけど、何か寂しいです。
こうなると今の時間は本当に貴重!!!
もっと日々を大事にしないとね。

ちなみに、お団子。かなり美味しいです~♪今日の私のおやつにもなるんだな♪
[PR]

by fujitamanegi | 2012-06-14 08:42 | 育児(育自)日記

ムスコ、花巻へ行く

と言っても明日から。
保育園の年長さんたちで、県外の保育園との合同保育合宿に行くのです。

私が基本的にせかせかした、物事を白か黒かで決めつける傾向がある、四六時中何か活動してないと気が済まない性格なのに、
というか、私がこういう性格のせいか、
ムスコは万事の~んびり、ゆったり、マイペース。親の目からみても、本当に天真爛漫。
でも、ものをきちんと見ている。で、考えている。
なので逆にストレスがかかってくると、行動や表情に明らかに現れます。
最近は知識も増えてきたのか、私でもぐっとくるような事を理詰めで話してくる。
昨夜なんか、ちょっと色々怒りすぎたことを謝った私に
「い~よ。ママ、大丈夫だから早く寝よ。」と。
私よりも大人じゃん。
ムスコから学ぶこと、日々山ほどあります。
というか、私の方が育ってないところがあるんだろうな。

本当に、この子がいたから生きてこられたんだなぁ。

明日からの二泊三日の花巻合宿。
おねしょが非常に心配(だって今も毎晩してるし~)だけど、頑張ってきてほしいな。
こうやって段々親から離れていくのが当たり前なんだけど、やっぱりちょっと寂しいものです。
[PR]

by fujitamanegi | 2012-06-13 10:17 | 育児(育自)日記

どんぐり

ムスコ、毎週山に行きます。
で、山からドングリとか「かな蛇」とかトノサマバッタとか・・・なんやかんやとお土産に持ってきてくれるのですが。

何でこんな事を書いたかというと、たまたまブログの上の方にドングリがニコニコ笑っていたから。

ムスコ、拾ってきたドングリに爪楊枝を突き刺して「ドングリこま」を作ります。
机の上に沢山のドングリこまを、くるくるくるくる~~~~♪
爽快です。

先日、その山に私も一緒に行ってみたのですが。
ドングリの頭のてっぺんから、芽が伸びているんですよねぇ。
良く見ると、半分地面に埋まって、根づいているのもいたり。

当たり前なんですけど。
子孫は着実に増えていくんだなぁと。
芽が出て、大きくなって、花開いて、種子をつける。
もちろん、今芽吹いたドングリが太い幹となり、花を咲かせるようになるまでには、何十年という時間が必要です。
そういう時間を経て、子孫が生れ育つ。
それがあるがままの姿。

人が生れて死ぬまでの期間はもっと短い。
その期間を精一杯生きることが出来るか?今を楽しんでいるか?
生れたからには必ず死にます。
生きるってことは、死に向かう時間を過ごすこと。
それが、あるがままの姿。

最近、何故かムスコから「ママが死んだらボクはひとりぼっちになっちゃうよ。ママ、死んじゃだめだよ。」
と言われました。
色々なことを抱えているから、一杯一杯な顔してるのかな。
(まあ確かに、苦しいけどね。辛いけど。)
不安な気持ちにさせてしまいました。ごめんね、ムスコ。

かーちゃんは、大丈夫。希望を、絶対に諦めないから。
かーちゃんは、キミが成人したら一緒に「でっかい鯛の塩焼き&焼酎&ビール」を頂くまで、とりあえず死なんよ。(←これをムスコが読む日があるのか?・笑)
[PR]

by fujitamanegi | 2011-10-26 15:40 | 育児(育自)日記

運動会

土曜日は運動会でした。

私は父兄による綱引きに参加。

止せば良いのに力一杯引っ張った。

それ以外にも、親子リズム運動で思いっきりムスコと運動したり。

(去年と同じく、夫はただ「そこにいるだけ」でした。リズムに参加している他のお父さんたちも沢山いたのに。
正直、何しに来てるのか、理解できない。
基本的に保育園などの行事に参加したくないんだろうな。育児参加の基本の一つだと思うんだけど。
それが・・・どうしてもできないんだろうね。父親じゃないよ、あんなの。)

結果

日曜日は寝たきり状態に・・・。

今日はかろうじて起き上がれましたが。

写真を久しぶりにアップしようかと思ったのですが、後日にします。

筋肉痛を早く直す方法、誰か教えてくださ~い。
[PR]

by fujitamanegi | 2010-10-04 09:14 | 育児(育自)日記

子どもとの関わり方

全国的にあっつい夏でしたね・・・。というか、まだ暑いところは暑いんですよね。
青森は一昨日から急に涼しくなりました。
なにより雲が違う。空が違う。
空が高くなりました。空気が軽くなった感じもします。
暑い暑いと今週のはじめは唸っていたのですが、まるで嘘みたいです。

暑い夏のせい?いやいや、積もり積もったストレスのせい?
ここ1ヶ月ほど、ずっとムスコと闘ってきました。

おしっこのこと
うんちのこと
おねしょのこと

これらがメインで、他にもあれこれと要求し、かなえられないとゴロンゴロンと転がりながら、あるいは物を投げ飛ばす。酷いときは子供用の椅子を投げ飛ばす。などなど。
書き切れませんが(笑)、ありとあらゆる自己主張をしていました。
ほとほと疲れてしまって。
いわゆる育児ノイローゼみたいな感じでしたね。自覚してなかったけど。

だって相談する相手になるはずの夫は、相談に乗ってくれないし。話したくもないし。
母やママ友さんに相談しているけど、やはり一人で育児してるようなものだしなぁ。

夜にふら~っと本屋に一人で行きました。そこで出会った本が
『「育てにくい子」と感じたときに読む本』佐々木正美 著
ガツン と来ました。
本の帯にも書かれている言葉ですが
「親が望むような子にしよう」と思うのではなく、「子どもが望むような親」に自分自身がなるといいのです。

「子育ては待つこと」

待つこと、できていませんでした。
自分自身、不思議なくらいせかせかしてて。
色々なことが折り重なって、正直ここのところずっと一杯一杯でした。
もーだめ、もーなにもできない!
ギブアップしたくなったこと、何度も。
でも頑張って一個ずつやり遂げてきて。
でも反面、一番大事なムスコの方を向いてなかった。
忙しさの中、うんちを絶対にトイレでしようとしないムスコにイライラ。
片づけにかかる時間にイライラ。
平気な顔で遊んでいるムスコと、私の状況に全く気付かない旦那にイライラ。
そういう自分自身にイライラ。
悪循環でした。

本の中に
「親が忙しいのは親が勝手にしてること。子どもには関係のないこと」
といった内容の記述がありました。

ムスコのせいで忙しいんじゃない。私が勝手に忙しいんだ。

きっと他のお母さんたちは、ここに書いたようなことはすでに承知で、というかイライラなんか感じずに(あるいは感じても子どもにぶつけたりしない)いると思います。
ダメ親です。ホントに。
今頃気付いたことが、沢山。

「ママに着替えさせてほしい~!」というムスコの声。
前はイラッとしました。「それくらい自分で出来るでしょ!」と大声を出したり。
たった着替えさせるだけのことで、大声を出す必要は無いのに。
たった1~2分のこと、それだけなのに。
ムスコは、私と関わりたいんです。甘えたいんです。
甘えたがったら甘えさせれば良い。
「ああしろ」「こうしろ」「ああなってほしい」という親からの要求は「過干渉」。
子どもがして欲しいことを叶えてあげるのは「過保護」。
「過保護」と「過干渉」は違う。
本を読み、ようやく分かりました。

私自身、よく親から「私たちは過保護すぎた」「過保護にしすぎてダメにした」と言われました。
その度、違和感を覚え、同時にとても悲しかった。悔しかった。
私は甘えさせてもらったことは少ないですが、常に「姉のようになれ」「他の人はもっと出来るのに、何故お前は出来ないんだ?」と要求され続けていた。
今頃わかりました。これは「過干渉」だったんだ、と。
そして私は同じ愚を繰り返していました。
負のリングは、断ち切らなければ。
今気付くことが出来て、良かったと思います。

ちなみに叱らない、要求には全部応える(面倒がらずに)を実行して3日目ですが、明らかに変化がありました。
ムスコ、初日はものすごい要求の嵐でしたが、翌日にはぱたっと収まり、笑顔が増え、逆に私から離れて遊ぶようになりました。
ムスコが笑うと、私も幸せになれます。
そういう原点に、戻った気がしています。

幸せは、身近に・・・本当に身近にあるんですね。
今日も皆、笑顔で暮らせますように。
[PR]

by fujitamanegi | 2010-09-09 09:44 | 育児(育自)日記

GWが終わって・・・

今年のGWは、大してどこにも行かずに終わりました。
ムスコと二人で、ちょっと離れたところにあるべジカフェに行き、パスタを食べてから周辺を散歩してきたくらい。
長期の休みにしか出来ないことをしよう!と当初は気合充分だったのですが・・・。
いざ休みに入ると、平日の疲労がどっと来たようで。
実家は弘前の桜祭りのため、車で行くなんてとても無理!ってくらい渋滞していたし、実家も祭り期間中はとても忙しいので、父母の負担になりたくないし・・・ということで。

で、GWが終わったのですが、連休中ずっと元気だったムスコの調子が悪化しまして。
最初は「お腹痛い。なでなでして~。」というだけだったのですが、段々元気が無くなり。
それでも仕事を休める状態じゃなかったので、やむを得ず保育園に預けたのですが。
その夜からひどくお腹を壊しまして。食欲も無いようで、ただ水ばかりほしがるのです。
最初は求めに応じて冷たいお水を与えていたのですが、どうも違う・・・と思い、怒って暴れるムスコをなだめるのに一苦労でした。
幸い嘔吐は無かったのですが、少し食べてはお腹が壊れ・・の繰り返しで。
どうしようかな~と思い、とりあえず水分補給とミネラル補給を兼ねて、味噌汁を飲ませました。
これがGOODでした。
普段はさほど味噌汁は飲まない(というか汁物は飲まない)ムスコですが、この時は4杯くらい味噌汁を飲みました。
ちなみに、昆布椎茸出汁・大根・わかめ・切り干し大根の味噌汁です。
みるみる顔色が良くなりました。
しばらくして「味噌おにぎり食べる~」と言い出したので、小さなおむすびを作ったところ「おいしい」と良いながら食べてくれました。
結果的にこのあとお腹を壊すことも無く、前以上に元気になりました。
腸の中の腐敗を、味噌が治してくれたのかな。血が汚れていたところを浄化してくれたのかも。
何にせよほっとしました。

うちのムスコ、病気にかかるときは本当にがっつりかかります。
でも、その分たくましくなってきている気がします。
師匠に以前言われたことですが「病気を恐れるのではなく、ありがたいことと受け入れること」です。
病気にかかるということは、それを乗り越えられる力が備わっているということだと思う。
ムスコの持っている力を信じよう。そう思いました。

あ、でも、病院に行かないというわけではありません、念のため。
行くか行かないかの判断は、子どもの眼を良く見ること。
それから手足の温度、意識が明瞭かどうか、などその場で見て判断しています。^^
[PR]

by fujitamanegi | 2010-05-10 09:31 | 育児(育自)日記
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line