<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


味噌についての父との会話

髪を切るために実家に帰っていました。

ムスコと二人で、車で弘前に帰省するのも、もうだいぶ慣れてきました。
が、安全運転安全運転・・・。油断大敵です。

昨晩、ふと父に「こし味噌」の作り方について聞きました。
父は、今の仕事の前は、県内某大手醤油醸造会社に勤務していました。
入社したての若いころに、醤油・味噌の仕込み方を基本からたたき込まれた人なので、ものすご~~~~~~く詳しく教えてもらいました。

・大量生産のこし味噌は、潰してから樽に仕込むのではなく、大豆の粒のまま仕込む。
・こし味噌は、小分けに出荷する直前に、細かい目の網を通すだけ。
・「津軽味噌」というのは、本当は三年以上寝かせたものをいう。今売られているのは、早ければ2~3日で(!)出荷されるもの。
・いわゆる色の白い「白味噌」が津軽では好まれているが、これは昔は薬品を使って脱色した大豆を使って作ったものだから。今は技術が進歩しているから、また違うとおもう。
・10割麹の味噌は、家庭ならではのもの。市販のものは、10割麹はほとんど無いと思う。せいぜい5~7割か?

話はこの後、醤油の仕込みの話、社員研修のとき、味噌の匂いが何をどうやっても体から取れなかった話、麹の話・・・等々と続くのですが。(身内の話も含まれているので割愛させてください。)

マクロビオティックをやるようになって、醤油・味噌・塩には特に興味があって、お店で目にするたびに原材料やらなんやらチェックしていたのですが。
身近にすごい先生がいたことに、今頃気づきました(^^;

父曰く「お前にこういう話が出来るようになるってなぁ・・・・。」と、ちょっと嬉しそうでした。
まだまだ聞きたいことがあるので、帰省の度にしつこく聞きまくろうと思っています。
とーちゃん、よろしくねん♪
発酵ものは、おもしろい!!!
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-30 15:16 | 日々のこと

布ナプ生活したいのに・・・

たまにムスコのことではない記事を。
(彼は元気一杯です。出血も止まりました。消毒にも泣かなくなってきましたよ~。お医者の顔を睨み付けています・・・。(^^;)

う~ん、こういうのを記事にして良いのかなぁ・・・と思いつつも書いてしまいますが。
私、ムスコを妊娠してから今日まで、生理がありません。
その兆しすら、ありません。
ちなみに、二人目の妊娠ということは、絶対にあり得ません(その元となるものが無いので・・・)。
授乳中は、生理は無いのでしょうか???
というか、このままほったらかしでも授乳期間が終われば、自然に復活するのでしょうか???

何だか・・・あまりにも無いので、ちょっと心配になってきています。

だって、生理が無いと、当然布ナプ生活が出来ないのですから・・・。
結構集めたのになぁ・・・。早く使いたいのになぁ・・・。

どんなもんなんでしょうかねぇ・・・。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-27 22:31 | 日々のこと

事件のその後(ムスコのやけど:3)

代用皮膚を貼り付け、毎日消毒の日々が続いています。
治りは順調とのことで、一応一息つけたかなぁ。

リマクッキングスクールの先生から受けた食事面での注意を守り、
ムスコは玄米のみ
私は玄米と梅干しと、夕御飯のときだけ味噌汁をつけて食べてました。
この食事を続けてちょうど3日目の一昨日の夕御飯ののとき、ムスコが玄米を食べなくなりました。
ありゃ・・・重いんだろうなあ、締まり過ぎて苦しいんだろうなあ、と感じました。
夫が調理中、その足元で遊んでいたムスコの手には、いつのまにか茹でる前のうどんの麺が・・・。
あまりにも可哀相になってきて、またもリマの先生に電話して伺ってみました。
すると、以下のような指導をされました。

・玄米食及び小食を3日続けたのなら、もう普通食に戻しても良い。
・食べて良いのは、うどんや野菜。野菜は根菜類を中心にして。大根の煮たものなど。
・果物はダメ。
・傷痕を残さないようにするには、代用皮膚(先生は見たことは無いけど)の下に新しい皮膚が出来たら、代用皮膚の上から里芋パスターをやると良い。

傷痕が残らないようになる!これはやらなきゃ!
指導を受けて、早速昨日の夕御飯は二人でうどんを頂きました。
超シンプルなうどんだったけど・・・何だかすごく美味しく感じました。

それにしてもおもしろいのが、やけどをしてからムスコが果物を欲しがらないこと。
前は、箱で置いてあるリンゴを自分で持ってきたりもしてたのですが、全くしないんですよね。
今は体が欲してないんだろうなぁ。体全部で、傷の修復してるのかも。

今日もこれから病院です。
がんばろう~~~!
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-26 11:13 | 育児(育自)日記

事件のその後(ムスコのやけど:2)

土曜日、病院に行ってきました。

ムスコの腕には代用皮膚(シールみたいなものでした)を貼り付け、その上から消毒薬をたっぷり塗られました。
医師によると、今後は代用皮膚の上から消毒を続けていく、痕は小さいうち残るかもしれない、大きくなるころには無くなるだろう、新しい皮膚が出来れば代用皮膚ははがれる、とのことでした。

悩みましたが・・・夫と相談して、このまま病院に通って治療していくことにしました。

もっとはやくから、きちんとマクロビオティックを勉強していればよかった。
そうすれば、お手当て法をするにしても自信を持って出来たのに。
お手当て法をしてあげたいけど、それよりも目の前で泣くムスコを見ていると可哀相で・・・出来ません。

後悔することしきりです。
ごめん、という言葉だけではどうしようもないけど・・・でも申し訳ない。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-24 07:38 | 育児(育自)日記

事件のその後

ちょっとショックを受けたり、元の職場に挨拶にいったりで、ブログの更新が遅れてしまいました。

ムスコの火傷のこと。

毎日消毒をするために、病院に通い、医師からは順調に回復してきている、と言われていたのですが・・・(一昨日まで)。

昨日、いつも通り消毒するために、看護婦さんが包帯とガーゼを取り除いたら、
突然、流血!
病院の医師も「変だねぇ。こすれたりしたのかなぁ。」と・・・。
私はもう、泣きわめくムスコをはがい締めにして、頭の中はパニック・・・。
処置のあと「出血がひどいねぇ。人口皮膚付けるから、明日も来て。」と・・・。
私、またパニック・・・。

処置は、これでいいんだろうか?病院に任せていいんだろうか?お手当て法は????
とずーっと考えて、結局、リマの先生に電話して、火傷のときの対処について伺いました。

結果・・・聞いて良かった!
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-22 07:48 | 育児(育自)日記

野菜のお焼き(アニュー)

先日のアニューでの料理教室で習った「野菜のお焼き」のレシピです!

*材料*
<皮>
地粉  1カップ
全粒粉  1カップ
水   140cc
自然海塩  小さじ1/4

<餡>
葛粉  大さじ1
グルテンバーガー  80g
にら  半束
長葱  1/2本
にんじん  1/2本
醤油  小さじ2
料理酒  適宜
自然海塩  少々
ごま油  適宜
根生姜汁  大さじ1

==作り方==
<皮>
1 粉類を合わせて、水と塩を加えて耳たぶくらいの固さにする。
2 地粉をふった台の上で捏ねて、ピンポン玉くらいの大きさに小分けにして、それぞれを丸める。

<餡>
1 野菜をそれぞれみじんきりにする。
2 鍋にごま油を敷いてグルテンバーガー、野菜の順に炒めて、塩、醤油、料理酒であじを整える。
3 葛粉を同量の水で溶き、2に加える。

<成型>
皮に餡を適宜のせて包み、ごま油を敷いたフライパンで蓋をして、綺麗な焼き色がつくまで両面焼き付ける。

いただいたレシピでは、野菜の切り方が千切りになっていたけど、料理教室ではみじん切りで作りました。
グルテンバーガーは、セイタンとか、コーフーでも良いと思います。私個人的には、蓮根のみじん切りとか、炊いたそば米とかの方が良いな~と思いました。
皮ですが、捏ねすぎないようにしてください。粉と水を合わせるような感じで。
餡を包むときは、多少穴があいてもOKでした。焼くとなんとかなります(笑)。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-20 08:13 | 料理教室

蒸しパン

e0028240_87398.jpg

パン大好きなムスコのために。
オーブンで焼き締めるパンよりは、せいろで蒸したパンの方が体には優しいだろうな~と・・・。
今回は玄米粉も入れました。ほんの~り甘くて美味しいです。
ムスコは言うまでもなく、もしゃもしゃ食べてました。今日のお昼も、多分蒸しパンです。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-20 08:09 | パン

事件です!ムスコの火傷!

一昨日の夕方のこと。
ご飯支度も終わり、「さ~出来たよ、食べようか!」とムスコに向かって話しかけ、
ムスコの分のスープを器に盛り、私の分を盛りつけようとしたとき・・・。
知らぬ間に私に近づいてきていたムスコが、にゅ~と手を伸ばして、自分の器に手をかけました。
一秒のところで阻止できませんでした・・・。
器はひっくり返り、中のスープはムスコの腕に!
今まで聞いたこともないような泣き声で泣くムスコ。
あわてて長袖をたくし上げようとしたのですが、嫌がって腕を引っ込める・・・。
とにかく冷やさなきゃ!と思ってTシャツと下着のシャツを脱がせて腕に水をかけました。
見るとどんどん皮が剥けてくる・・・。
パニックになりそうになりました。
とりあえず夫に電話して、私が昔よくお世話になっていた外科のお医者様に電話して、すぐ診てもらうことに。
上半身裸のムスコをバスタオルでくるみ、タクシーに乗って病院へ・・・。

お医者様の診察では、赤ちゃんだし、毎日の消毒で治せるだろう、とのこと。

夫とも合流して、病院を後にしました。
ムスコは既に泣き止んで「腹減った、なんか食べたい」というしぐさをしていましたが、
私は・・・震えが止まりませんでした。
幸い、命に危険が迫る、というような怪我ではなかったけど。
でも・・・怖かったです。ムスコはもっと怖かったはずです。
もっともっと、注意してムスコを見ていなきゃ・・・。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-19 17:10 | 育児(育自)日記

ちょっとだけ提案です

私の住む青森県では、例年、ちょうどGW頃に桜が満開になります。

そこで、お花見ポトラックしませんか?

場所は、やはり桜といえば弘前!

一人一品以上持ち寄りで。

子供連れOK。(御存知の通り私にもムスコがくっついていますので・・・。)


・・・どうでしょう~?どなたか参加なさる方はいらっしゃいませんか?
人数が集まるようでしたら、現実化しようかな~って思っています。

私も料理が下手っぴーなので、料理の上手下手は関係ありません!
皆で集まって、わいわいやりながら、いろんなことを話して楽しい時間を持てたらいいな~って思っています。

どうでしょうか~?ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、コメントくださいませ~!
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-16 17:23 | その他

料理教室(アニュー弘前)

e0028240_22572620.jpg

12日にアニュー弘前で行われた料理教室に参加してきました。
初めての参加で、何だか緊張しました。
作ったのは、
野菜のお焼き
白菜のあっさり漬け
揚げ大根のお汁
ネーブル豆乳寒
でした。
どれも美味しかったけど、少し私には味が濃いように感じました。
人と料理するのは楽しいです!こういう機会は生かしていきたいなぁと思いました。

この料理教室で、リマクッキングスクールでも一緒に講義を受けているIさんと偶然一緒になりました。
つい、悩み相談をしてしまいました・・・。(子供と一緒にリマクッキングスクールに参加することについて、です。)
Iさんから励まされて、本当に嬉しかった。
頑張ろう、って思いました。
毎回先生には平謝りに謝ってでも、他の参加者の方にも謝ってでも、ムスコ連れて行って勉強しようって。
でも、私は昔から周りへの配慮が足りないので(母からいつも言われているのです・・・)、
もっと気配りするようにしなきゃ。
それもまた勉強です。

*******************************

予定よりも青森に戻るのが遅くなってしまいました。
突然、伯父が亡くなったり、祖母の入院の知らせが入ったりして、バタバタしてまして。
こういうのが続くのも、時期なのでしょうか。
時間って、ゆるやかだけど確実に流れて行っているのですね・・・。
[PR]

by fujitamanegi | 2008-03-12 22:57
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line