雪・雪・雪&最近のごはん

すごい雪です!とはいえ、私は今は弘前市民。
青森市と比べると、雪は少ない方。
それでも雪かきは必須なのです。でも、今年からは一人でやんなくてもいい。
日々、私よりも先に父が雪かきに出て、続いて私か母が出る。
平日はほとんど母が、休日は私が出るような感じ。
休日の場合、おまけでムスコも雪かき。というか、雪遊び。
本人は雪かきしてるつもりなんだろうけど、途中から雪だるま作りに変更したり、歌いながら雪の山に突進して行ったり。楽しいです。
こんな感じで、のんびりと過ごしています。
本当に毎日、同じことの繰り返しだけど。
時々、幸せな家庭の姿をテレビやなんかで見ると、辛くなります。
仕方無かったとはいえ・・・もっと私が我慢すれば良かったのかなぁ、自分を殺していれば良かったのかなぁ、どうすれば最善策だったのかなぁ、とか。
今更仕方無いけどね。
でも、折に触れ考えてしまう。

春になれば、変わるかな。

最近のご飯。
美味しいものを美味しいと思えることに感謝しています。
が、感謝しすぎて食べすぎて、胃が痛くなることもしばしば。
以前は揚げ物って意図的に食べなかったんだけど、食べたら美味しくて食べすぎた、とか。
いかんいかん、軌道修正しなきゃね。

今朝、久しぶりに納得のいくもちきび入りご飯が炊けたので、かなり満足。
ご飯が美味しく炊けると、おかずは少なくて良いなぁと、私は思います。
ムスコの最近のヒット作は「糸こんにゃくの炒り煮」「カブのべったら漬け風」「切り干し大根の煮物」「塩鮭焼」。
相変わらず、地味です(笑)。お魚も食べ初めはバクバク食べてたけど、最近は落ち着きました。少し食べると「あといらない~。ただの白いご飯でいい」とのこと。
何でも良いよ。美味しいと思う分、食べてみればそれで良し!
[PR]

# by fujitamanegi | 2012-01-10 10:15 | 日々のこと

明けてしまいました。

明けましておめでとうございます。って、もう1月5日だけど。(^^;

年末年始、ほとんど病気で寝てました。どっと疲れが来たのかな。
口内炎→ウィルス性胃腸炎→副鼻腔炎(+頭痛・歯痛)→口内炎
どーゆー流れなんだろう???何の意味がある???

まあそれはともかく、寝込んでいた事を除けば(でも雪かきは相変わらずやってたけど)至って平和な年越しでした。
二年ぶりくらいにお酒も飲みました。父と二人、ビールと芋焼酎飲んだり。
蟹もホタテも数年ぶりに頂きました。美味でした~。

今年のテーマは手離すこと。
今まで囲っていたものを開放する。
その先に何があるか?分かりません。
でもきっとね、少なくとも今より自由になれるんじゃないかな。
気持ちの上で、自由になろうと。ものを開放することで、自分も開放されるかもしれない。
なので、いわゆる厳格なマクロビオティックはしないかも。いや、する時もあるけど、あんまり拘らないつもり。
マクロビオティックよりも、美味しいなぁ~って好きな人とご飯を食べたいのです。
ただ、それだけ。

それから報告です。
夫と離れることが決まりました。
良いこともありました。でもそれ以上に悲しいことや辛いことが多すぎた。
話し合った時、気持ちが通じたと思ったのは私の勝手な解釈だったということも分かりました。
もう数年まえから夫婦は壊れていたんです。私も夫も直視しようとしなかっただけ。
子どものために我慢する、という選択肢もあったんだと思う。でも、そうすることによって何も良い方向には行かないと判断しました。
なによりお互いのことを好きではない・嫌っている男女が、夫婦であるからというだけで一つの家に住み続けることがプラスにはならないのです。
夫婦は、男と女だから。母親父親である以前に男と女だから。私たちは、もう駄目でした。

これからはムスコを精一杯愛して守って行きます。
そして私は死ぬまで花でありたいです。女性として花であり続けたい。(あ、容姿じゃないですよ^^;)
そのための努力をします。がんばるぞ。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします!
[PR]

# by fujitamanegi | 2012-01-05 09:54 | 日々のこと

口内炎

酷い状態になってます。
下の前歯の歯茎に、でっかい口内炎が・・・すでに10日越えてます。
ホメオパシーも試したけど、あんまり変化が無く。
あまりの痛みに我慢できず、師匠に電話したら、
「第一大根湯を朝晩、葛練りはたっぷり食べて良し、主食はご飯にして、飛び上がるくらい痛いけどナスの黒焼は歯茎に塗ること、あと塩分は厳禁」
というアドバイスを頂きました。

今のところ、師匠のアドバイスに従ってから、炎症がちょっとだけ小さくなったような。
でも痛みはほとんど変わりません・・・。しゃべるのがキツイ。ムスコに絵本を読んであげられない。
非常に、悲しい。

師匠のアドバイスから思ったのですが。
これって古塩の排毒なのかな?
たしかに口の中がしょっぱい感じがあるし。
とんでもない陽性の排毒???
ストレスも陽性だし。全部一気に来たのかな。

でも痛いです。激痛です。いっそ口の中を切り取ってしまえたら、と思うくらい激痛です。

助けて~
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-12-12 10:28 | 日々のこと

戒め

同じ愚を繰り返すな

すがるのは苦しみだけ連れてくる

すがらずに、自らの道を外れず。そうやって生きることを選んだのは、私自身だ。

希望とか、望みとか、こうなりたい、とか。

捨ててしまおう、そんなもの。
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-11-30 11:13 | こころのことば

満たされない方が心地良い?

日々バタバタと過ぎておりますが、段々バタバタしたものが一つ一つ片づいて行くような流れになりつつあります。

忙しい中で、ムスコと満足に向き合う時間が無く、ムスコも不満だらけ、私もあっぷあっtぷな状況で、時々育児が楽しくないどころか、辛いものになっていたり。

何だかもう思考も停止してて、呆然と台所にいたりすることもあったりしてて。
ああ、疲れてるんだなぁと思ったり。

誰かに、
お疲れさま、とか
好きだよ、とか
がんばったね、とか
美味しいよ、とか
また料理作ってね、とか
そういうことを言われたら、ガチガチに凝り固まった体の力が抜けるかなぁって、思ってしまいます。
でも如何せん、そういう人はこれまでも今も居ないので、ずっとこのままなんですけど。

幸せにはなれない、のではなく、幸せにならないことを私自身が選択しているのかもしれないな。
そうすることで心のバランスをとっているというか。
満足することを避けているのかも。

貪欲だなぁ・・・。自分で呆れる。
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-11-22 12:08 | こころのことば

私へのメッセージ

「出来ない自分でアリナサイ」

「達成しなくていい」

常に劣等感だらけで。
「こんな私はダメ人間だ」「何をやっても完成しない、達成しない」「周りを悪い渦に巻き込んでいる」「こんな私は消えてしまえば良い、死んでしまえば良い」
人に感謝していない。人に優しくなれない。
生きている、価値が無い。

ずっとこんな風に考えていました。

「○○したい、こうなりたい、ああなりたい」という希望や思いは、すごく陽性なもの。
思いにとどまらず「病」という形になって現れてくる。(ヒステリーとか、血圧の上昇とか、嵩じて血管障害とかね)
行き過ぎると「○○される、○○できない」になる。すごく陰性なもの。
これも「病」になって現れてくることもある。(うつ病とか自殺とか色々)
そして、何かにすがりつく。何とかしてほしくて。
でもすがりつくことは、苦しみも連れてくる。

私は、すがりついてばかりでした。
マクロビオティックを始めたころは、ものすごく視野が狭いままマクロビオティックにとりついたような感じになり、マクロビオティックにすがりついていました。
今も様々なものにすがりついています。
事実、すがりつくことにより寂しさや悲しさや苦しさが生れている。そしてそれは、私を蝕んでいる。


そうじゃないんだ。
あなたは感謝することが出来ているよ?「ありがとう」と言えるでしょ?言ってるでしょ?
あなたの発する言葉は、~~しなければいけない、~~なんです、~~したい・・・陽性なものばかり。
周りの人の中に同じような人がいれば、ぶつかるのは当たり前だよ。それは車をタイヤ無しでホイールだけで走らせるようなもの。柔軟なものが無ければ大きな摩擦を生むんだ。
出来なければならない、んじゃない。もう出来ているのに、自分で受け入れられないだけだ。
出来ない自分でアリナサイ。達成できない自分でアリナサイ。
まずは、そこから。
癖はなかなか治らないけどね、心の癖を治すように自分で思い出す自分へのメッセージだよ。
・・・・・これらは師匠が下さった言葉です。
感謝していない自分を嫌な奴だと思い、自分のことが嫌いでたまりませんでした。
でもよ~くよ~く思い出せば、折々の場面で心からありがとうと思い、心から「有難うございます」と言っていた自分を思い出せました。
そして思い出せたら、少し自分を認められるかもしれないと思いました。

出来ない自分でアリナサイ
それで良いのかもしれません。そう思えるようになりました。
そしたら、少しだけ、呼吸が楽になりました。胸のなかにあった大きな石が小さくなったような。
人にすがる思いを、少し無くせるようになりました。
むしろこれまで相手をしてくれてありがとう、と思えます。本当にありがとう。先に進んでいくよ、と。
親や友人からの指摘も、ああそうなんだなぁと聞けるようになりました。
他人からの指摘は、概ね本当のことなんだと、受け入れられるようになってきたというか。

出来ない自分でアリナサイ
出来る自分になろうと思わなくて良い。
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-10-31 11:29 | こころのことば

どんぐり

ムスコ、毎週山に行きます。
で、山からドングリとか「かな蛇」とかトノサマバッタとか・・・なんやかんやとお土産に持ってきてくれるのですが。

何でこんな事を書いたかというと、たまたまブログの上の方にドングリがニコニコ笑っていたから。

ムスコ、拾ってきたドングリに爪楊枝を突き刺して「ドングリこま」を作ります。
机の上に沢山のドングリこまを、くるくるくるくる~~~~♪
爽快です。

先日、その山に私も一緒に行ってみたのですが。
ドングリの頭のてっぺんから、芽が伸びているんですよねぇ。
良く見ると、半分地面に埋まって、根づいているのもいたり。

当たり前なんですけど。
子孫は着実に増えていくんだなぁと。
芽が出て、大きくなって、花開いて、種子をつける。
もちろん、今芽吹いたドングリが太い幹となり、花を咲かせるようになるまでには、何十年という時間が必要です。
そういう時間を経て、子孫が生れ育つ。
それがあるがままの姿。

人が生れて死ぬまでの期間はもっと短い。
その期間を精一杯生きることが出来るか?今を楽しんでいるか?
生れたからには必ず死にます。
生きるってことは、死に向かう時間を過ごすこと。
それが、あるがままの姿。

最近、何故かムスコから「ママが死んだらボクはひとりぼっちになっちゃうよ。ママ、死んじゃだめだよ。」
と言われました。
色々なことを抱えているから、一杯一杯な顔してるのかな。
(まあ確かに、苦しいけどね。辛いけど。)
不安な気持ちにさせてしまいました。ごめんね、ムスコ。

かーちゃんは、大丈夫。希望を、絶対に諦めないから。
かーちゃんは、キミが成人したら一緒に「でっかい鯛の塩焼き&焼酎&ビール」を頂くまで、とりあえず死なんよ。(←これをムスコが読む日があるのか?・笑)
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-10-26 15:40 | 育児(育自)日記

ごぼうのきんぴら

写真は無いけど(笑)

朝4時に起きてご飯を炊きながら、朝御飯&昼のお弁当&夕御飯の準備をし、ムスコの登園&自分の通勤準備をしてると写真なんぞ撮る暇が無いのです。

で。

今朝は太い新ゴボウを2本と人参とで山盛りのきんぴらゴボウを作りました。

きんぴらも美味しいけど、私は作り終わってから、どんなに丁寧に洗っても取れない手のゴボウの香りが大好きなのです。

なんというか、すごいアロマ!ホッとするんですよね。変かなぁ。

外には庭のインゲンが大量に収穫できたので、インゲンと生干し大根と揚げさんの煮物。
でもムスコは素うどんが大好き。主食があれば満足男。

ちと寂しいけど、彼が必要としてくれる日を待ちながら料理するのも楽しいね。
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-10-24 11:58 | 食事日記

元気です

色々なことを背負って毎日を暮らしています。

でも、元気だよ。

色々な出来事が起こってるけど、これは溜まっていたものが一気に放出されているからだろうな。
なんとなく、そう思います。

<最近のこと>

昨日師匠のお店から一つだけ買ってきたじゃがいもを練り込んだホシノのパンが絶品で、パンを作りたくてたまらないです。

朝市で買ってきた大量の紅玉りんごを、単純に塩煮したら酸味と甘みが絶妙でした。パイにするまえに食べちゃった。また作ろう。

りんごネタですが。新品種?らしい「おいらせ」という皮が真っ赤なりんご、美味でした!また売ってないかなぁ。

凝った料理作っても、ムスコが食べてくれない~。彼の最近のマイブームは、焼いた白身のお魚と銀シャリ。あとはさつまいもの味噌汁か、山で採れたきのこの味噌汁とか。シチュー作っても「嫌」、パスタ作っても「嫌」。かーちゃん寂しいです。

いろんなことは起こるけど、日々はどんどん過ぎていきます。
生きている間にやれることって、実は本当に少ないのかも。

自分を愛せるような自分になりたいです。死ぬとき、悲しくないように。
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-10-18 12:16 | 日々のこと

私は間違っているんだろうか?

ほとんどいつもどこか心にあるこの問いかけ。

「私は、間違ったことをしているんだろうか?夫の方が正しいんだろうか?」

分かりません。

でも不安になったときいつでも、夫と同居しているときよりもはるかに元気に(津軽弁で「ズル助ともいう・笑」)笑うムスコを見つめる。

正しいかどうか、分からない。

でも、

ムスコが文字通り屈託なく笑えるようになったことは、真実だと思います。

お母さんが笑わないとね。嘘の笑いはムスコにはすぐに分かってしまう。

それも真実。



がんばろう
[PR]

# by fujitamanegi | 2011-08-16 16:25 | こころのことば
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line