おむすび。

試験監督、やりました。
そこでは事務局のスタッフに、仕出し弁当が支給されることになっていたのですが・・・。
私はせめてご飯だけでも玄米が食べたかったので、玄米おむすびをこしらえて行きました。

予想通り、肉肉魚魚白米なお弁当でした。
それでも食べ物に感謝して食べなきゃいけないんでしょうけど、
どうしても食べることが出来ず。
そうしたらワカモノが、私の分も食べてくれました。
すごーーーく感謝!!!
食べ物を無駄にせずに済んだ。良かったよ~~!

おむすびは、難しいです。
そーっと、そーっと、でもしっかりと「結ぶ」ために、
本当に心を込めます。「美味しくなりますように。」
母の作ってくれたおむすびのように、美味しくなりますように。

母のおむすびを超える日は・・・たぶん永遠に来ないだろうなぁ・・・。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-26 00:25 | 食事日記

食べすぎ禁物


e0028240_23451079.jpg今日は旦那さまが休日出勤だったので、日中は家事三昧でした。
常備菜を作りまくりました~。
(でもやっぱり、携帯電話フォトでの写真には限界があるなぁ・・・。本当はスカッとした綺麗な色をしてたんだけど。)


e0028240_23432399.jpg

e0028240_23452588.jpg胡瓜の三五八漬け(漬け込み)、

胡瓜の胡麻酢和え(善右衛門さんのブログから頂いた献立です)、

キャベツのザゥアークラウト(仕込み)、

ささげと青紫蘇のあぶら味噌(注:どうやら「ささげ」は方言ではないようです)

出汁昆布と椎茸による佃煮、

ひじきと人参と玉ねぎの煮物、

ゆで枝豆(これは夜に旦那さまが茹でてくれました)、

キャベツとかぼちゃの味噌汁、

そんでもって・・・大事な大事な大好きな玄米ご飯。

あ、忘れてた。玄米甘酒プディングも。

ゆっくり食べたし、よ~く噛んで食べたんですけど・・・やはり食べ過ぎました。
明日からは元に戻さなくちゃ。
明日は某試験の監督をするのがお仕事です。(旦那様も同業者なので会場は違うけど同じ仕事するのです。)
通常業務は明後日から。今週はでっかいカメラを担いで、外回り週間になりそうです。
日焼け止め、必須!

それにしても・・・ストレスのせいなのか、単に私がだらしないだけなのか(たぶん後者・・・)、
なかなかガムを噛む癖が止められません。
これがためにマクロビオティックの効果があんまり顕著に現れないんだろうか・・・と気になってるんですけどね・・・。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-24 23:51 | 食事日記

実家の庭にて

e0028240_962848.jpg

e0028240_962836.jpg

紫蘇巻きの梅干し作成の準備してます。
豊後梅を塩水に漬けて割って種を取り出し、天日に干してから水に漬けて塩抜きし、脱水してから砂糖を絡めるようにしてから漬け込みます。
その後、あらかじめ塩漬け後に塩抜きした赤紫蘇で巻いてからつけ込みます。
砂糖じゃなくて米あめかてんさい糖とかで作りたいなあ。

これ以外にも普通の丸い塩だけで漬ける梅干しも作っています。

キミも花が咲いています。
父は野菜果物を育てることについては玄人はだしです。
そして母の漬ける梅干しは、どんな高級なものよりも素晴らしい味がします。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-23 09:06

大収穫祭

e0028240_8501235.jpg

e0028240_8501287.jpg

e0028240_8501254.jpg

青紫蘇、ささげ、胡瓜。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-23 08:50

夕べのご飯

何だか体が「シンプルさ」を求めているような気がして、
夕べは、たぶん今までで一番丁寧に、玄米ご飯を炊いてみました。
その他は、味噌汁(キャベツとかぼちゃと若布)と漬け物(蕪&胡瓜の浅漬け)とごま塩、梅干しのみ。
つまり主食も主菜も「玄米ご飯」だったわけです。
でも・・・玄米って、丁寧に炊くと、こんなにもふんわりした味になるんだ・・・と、感動というか驚いたというか・・・。
基本の味、なんでしょうね。
体が安らぎ、こころがやわらかくなる味。

仕事でちょっとトラブルがあって、落ちこんでいたのですが、
この味によって、何だかこころのトゲトゲが取れた気がしました。

今夜は実家@弘前へ。
実家の畑で、胡瓜やら茄子やらささげやら、色々収穫できそうです。
もうちょっとすれば、次は岩木山麓の嶽高原の名産「嶽きみ」(「きみ」とは、津軽弁で「とうもろこし」のことです)が収穫時期!
楽しみだ~!

でも、一日だけど旦那さんと離れるのが辛いなぁ・・・。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-22 12:59 | 食事日記

梅雨が明けません

というよりも、青森にはほとんど梅雨がありません。
あっても2~3日程度雨がぼちぼち降るくらい。

今朝は早起きしたので、かぼちゃとさやインゲンとを炊き合わせました。
仕上げに葛をからめて。味付けはかるく塩だけで。
これだけなのに、何でこんなにおいしいんだろう~・・・。
旦那さんにも食べて欲しいけど、その辺は無理強いしないのが、2人のルール。
でも、ちょっとずつ食べて欲しいのが本音です。
出来上がったかぼちゃ&さやいんげんは、今夜の夕食に。
熱々を試食してもおいしかったけど、さっと冷めると味が沁みて美味しいのです。

さ~て、今夜は何を作ろうか・・・。
近所に農家直送の野菜を売るお店があるので、非常に重宝しています。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-21 12:40

生きているということ。

ベランダで、ささげ豆を育てている。
正式名称は何と言うんだろう?ひょろんとした長い豆。
細かい産毛のようなものが生えている。
実家から苗をもらってきて植えたんだけど、いざ育って実がなったら・・・可愛くて食べることが出来ない・・・。
実家の父に報告。思いっきり笑われた。
でもその後に一言。
「おめも、そした風に思えるようになったんだべな~。」
(訳:お前も、そんな風に思えるようになったんだな~。)

確かに昔、一番私が「食べる」という行為に苦しんでいたころ、
食べ物は「もの」でしかなかったし、
食べるという行為は「苦しみ」でしかなかった。
あのころはカロリー計算のオニだったと思う。
口に入れるものは全て、無駄な体になりそうで、怖くて仕方が無かった。

今は、そうじゃない。
口に入れるものは、これからの「私」。
そして食べ物は、全部生きている。
生命は生命によって生かされているんだと思う。
結婚して、段々そんな風に思えるようになってきて、そこでマクロビオティックと出会った。
知るべくして知ったんだろうなぁ・・・。

周りを取り巻く、全てのものに感謝です。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-20 00:14

今日から始めます。

ようやく、ブログ開設できました。
これから、ぼちぼち綴って行きます。よろしくです。

昨日作った玄米甘酒、乾燥麹を使ったせいか、粒粒が多すぎる・・・。
使うたびにすり鉢&すりこ木で、すりすりすりすりしなきゃならない。
愛しい玄米甘酒のためだ、がんばるべし。

ときどき津軽弁で書くこともあります。ご理解くださいませ。
[PR]

# by fujitamanegi | 2005-07-18 23:59
line

青森在住。家族とカエルものとモリアオガエルと琺瑯が大好き。


by fujitamanegi
line